簡単!足の臭いを消す方法!−足・靴の匂いの原因や対策−知恵袋

ストレスが原因で足がくさい?

『中学生からの足の臭いの異変』
私は現在、21歳の大学3年生です。
現在は部活やサークルをしていませんが、中学、高校と6年間バスケットボール部に所属していました。

 

顧問からの厳しい指導に対するストレスが原因か

ストレスが原因で足がくさい?

足の臭いが気になり始めたきっかけは、中学生のときに部活を終えて家に帰宅した時でした。
靴下を脱いだ瞬間、足から異様な臭いが漂いました。
親から「お前から変な臭いがする」と言われて、すぐに足を洗ってその日は済みましたが、それ以来ずっと臭いが収まらなくなりました。
最初は足が臭くなる原因がよくわからず困っていましたが、ある日テレビで「ストレスが足の臭いに出てくる」というようなことを言っていたのを見て理解ができました。当時、私は部活で顧問の先生にしょっちゅう叱られていたのです。
スタメンで試合に出ていたのですがうまくプレーができなかったりと学生ならではの悩みを抱えていました。
それが原因でこの足の臭いが発生したと思います。

 

足の匂いで周りに馬鹿にされる

そうはいっても、そのストレスを取り除くことはできませんでした。
部活なんて簡単にやめることもできないですし、そんなことが原因でやめるのは自分自身も情けないことでしたので。
ですので、日々の顧問からのお説教からくるストレスうけ、共に異臭が周りにもバレてしまい、足が臭いとよく馬鹿にされていました。
足の臭いは家に帰ればすぐに洗えばとれます、しかし、外ではそれができません。
段々と靴を脱ぐのが億劫になっていき、そういうことを気にすること自体も余計にストレスになっていきました。
ところが、大学生になれば、そんな部活のストレスは回避できるものです。
ですので、ストレスを可能な限り回避したりストレスとなりうるものをストレスと感じてしまわないようポジティブに受けとめるようにしました。
そうしていくうちに足の臭いもそれなりに軽減されてきたように思います。
中学生のころからもっとそういったポジティブな考え方ができてればなぁと反省しています。

 

足の臭いは気にならなくなる

私はストレスと思っていたので、それを軽減出来れば足の臭いを気にしなくてよくなるので、靴を脱いだりすることに対する抵抗ほとんどなくなると思います。
周りの人に馬鹿にされることもなく不快な気分にさせることもなくなりました。
それに家に帰ってきて足をすぐに洗う手間も必要なくなり非常に良かったと思います。
ストレスがかかること気にせずいろいろなことに挑戦できたりもするので気持ちの部分でも楽になると思います。

 

個人的な感想です

 


【トップ記事】
簡単!足の臭いを消す方法!−足・靴の匂いの原因や対策&ノーノースメルお得な購入術
 簡単な足の臭いを消す方法の概要や、注目のデオドラントフットクリーム「ノーノースメル」のお得な購入方法も紹介。

トップページ 足が臭い仕組み 足の臭いを消す方法 靴と靴下の手入れ 足の臭い経験談