足の臭いの原因はイソ吉草酸 簡単!足の臭いを消す方法!−足・靴の匂いの原因や対策−知恵袋

足の臭いの原因はイソ吉草酸

足の臭いの原因はイソ吉草酸

 

足の臭いの元は雑菌の働きにより発生していますが、その雑菌には足の臭いの原因でも触れている通り、善玉菌と悪玉菌が存在しています。

 

その悪玉菌により、タチの悪い臭いを強く発生させている成分がイソ吉草酸になります。

 

このイソ吉草酸の臭いはチーズの発酵したような卵の腐ったような不快な臭いが特徴。

 

不快だけならまだ良いのですが、これが強烈になると悪臭規制法で規制されているレベル(公害レベル)までになる可能性も秘めています。

 

参考)
アンモニア(トイレ等) 1.0ppm
イソ吉草酸 0.001ppm

 

大手企業が足の臭いにおいについて分析した所、イソ吉草酸と特定され、それほど悪臭と認められた事になります。

 

足の臭いが臭く、よく洗ったり対策をしても、なかなか臭いがとれない、という経験をされた人もいると思いますが、イソ吉草酸は、落ちにくい特徴があります。

 

一番の対策は、イソ吉草酸を作れ出せない環境にする事が早いかもしれません。

 


【トップ記事】
簡単!足の臭いを消す方法!−足・靴の匂いの原因や対策&ノーノースメルお得な購入術
 簡単な足の臭いを消す方法の概要や、注目のデオドラントフットクリーム「ノーノースメル」のお得な購入方法も紹介。

トップページ 足が臭い仕組み 足の臭いを消す方法 靴と靴下の手入れ 足の臭い経験談